衛生的に問題なくネズミを駆除したいなら

死骸も出さないので衛生的に済ませられる

家ネズミの繁殖期は基本的に一年中ですが、特に春と秋がすごいそうです。
つまり、春に繁殖したネズミが、現在家に被害を及ぼしているかもしれないんですね。では、家にネズミがいると分かった場合、どのような駆除方法をとれば良いのでしょうか?

なるべく衛生的に済ませたいというのが心情だと思います。駆除措置が効果を奏しても、そこら辺の床にネズミの死体が転がっているのは嫌ですし、天井裏や床下にもぐって死体を探すのもかなり大変ですから。

そこで、衛生的なネズミ駆除方法を調べてみたところ・・・捕獲器と言うのが一番確実とのことでした。

確かに、捕獲器ならネズミを生きたまま捕えられ、後は野原や山で逃がせば良いだけですからね。ただし、捕獲器は本当にネズミが入らなければ意味が無いため、設置する前にまずはネズミの通り道を調査する必要があります。

なんでも、餌場ではなく、ネズミが通り道として使用している場所に設置する方が、捕獲率が上がるとかで。

その際は、ネズミの足音を頼りにするのに加え、薄く小麦粉を撒いておくと良いそうです。そうすると、ネズミの足跡がかなり明確に残るため、捕獲器の設置場所も容易に確定できるとのことでした。

しかし、捕獲するとなると、その後の処分も考えなくてはならないし、捕獲した状態で放置してしまうと死骸となったネズミが衛生的では無いので、やはり、超音波で追い出す事が出来れば、それが一番衛生的である事に変わらない気がします。