ネズミ駆除は早く取り組むべき

クマネズミは賢く繁殖力も強い

最近、スーパーラットと呼ばれる個体が増えていると聞きます。

家の被害の9割を占めるクマネズミは、繁殖力が強くあっという間に増えて家をダメにされてしまうこともあると言われます。

クマネズミやドブネズミは、3年ほどの寿命です。生後3か月から繁殖が可能になり、1年の内5~6回出産するそうです。

1回の出産で6~7匹の子供を産みます。

猫はアテにならないようです

ネズミの天敵と言えば、昔から猫と決まっています。

その昔、猫は貴重なネズミ駆除手段として、日本でも重宝されていたそうです。

実際はそう上手くはいかないとのことでした。

テレビで害獣駆除業者の特集を観ていた時のことです。依頼者として出ていた家の住人によると、猫に追い払う働きは無かったそうです。

一説には、ネズミは未だ猫を天敵として恐れているため、ネズミの気配や声がする家には近付かなかったり、すぐ出て行ったりするともあると言われます。

しかし、猫の方がネズミを恐れることも珍しくないようです。

バルサンがネズミ駆除にも有効?

バルサンでネズミ駆除はできないのでしょうか?

ネズミが煙を嫌う習性を持つ関係上、運が良ければちょっとだけ家から出て行ってくれる程度だそうです。

体験談を調べてみると、バルサンを炊いた途端、「慌てたネズミが活発に動いてすごく足音が煩かった」という声もありました。

つまり、慌てる程度動けるということです。

もしも、既に死骸となっているネズミが居る場合は、わいているウジやハエの駆除にはなると思いますが、直接の対策とはならないようです。

バルサンはネズミ駆除には使わない方が良さそうですが、上記の体験談が本当ならバルサンをきっかけにする方法はあります。

具体的には、粘着シートや粘着板、捕獲籠を多目に設置した後に、バルサンを炊くことでネズミを慌てさせるという方法です。

バルサンを今持っているなら、もし家にネズミが出た際は、のろしを上げて追い込むという意味合いで使ってみるのは試す価値があるかもしれません。

関連ページ

メニュー