クマネズミの繁殖力ってどの位?

繁殖力を計算(シミュレーション)してみたら

クマネズミは、繁殖力が非常に強いそうです

調べてみると、クマネズミの平均寿命は3年ほどです。一生涯で60~80匹ほどの子供を産み、1年間に5~6回の繁殖を行います。

一度に生まれる数は、6~7匹程度だそうです。

  • クマネズミは3年生きる
  • その間に60匹以上の子供を産む
  • 年間の繁殖回数は5~6回

クマネズミは、生まれてから3ヶ月で繁殖出来るようになります。

4ヶ月経過した段階で新しく親になると仮定し、オスとメスが同じ数だけ生まれるとした場合、毎回、「トータルのメス親の数×6」で子供が増える計算です。

■1年後の最大想定数

繁殖回数 親の数 新しく親になった数 子の数
1回目(2ヶ月目) 2匹(♀×1) 0匹 6匹(1回目)
2回目(4ヶ月目) 2匹(♀×1) 0匹 6匹(1回目)+6匹(今回)
3回目(6ヶ月目) 2匹(♀×1) 6匹(1回目・♀×3) 6匹(2回目)+24匹(今回)
4回目(8ヶ月目) 8匹(♀×4) 6匹(2回目・♀×3) 24匹(3回目)+42匹(今回)
5回目(10ヶ月目) 14匹(♀×7) 24匹(3回目・♀×12) 42匹(4回目)+114匹(今回)
6回目(12ヶ月目) 38匹(♀×19) 42匹(4回目・♀×21) 114匹(5回目)+240匹(今回)

この計算が成立する場合、最終的には、親の数が合計「80匹」、子の数が合計「354匹」になりました。

これは、3年後ではなく1年後のことです。

色々な要因で数が減り、実際には、これよりだいぶ少ないと思います。

しかし、繁殖力にのみ注目すると、とんでもない数に膨れあがる状況を理解いただけるのではないでしょうか。

関連ページ

メニュー