クマネズミの侵入経路は千差万別

侵入経路対策は高い場所も重要

クマネズミは、無人島などにも生息し樹木の上で生活していることもあり、高い所からの侵入もいとも簡単に行うようです。

ネズミ駆除の施工業者に依頼すると、住みついているネズミを捕獲してくれるだけでなく、侵入経路となる部分にワイヤーメッシュなどを仕掛けることによって、さらなる侵入を防ぐ方法も行ってくれると思います。

また、一定期間内の保証を用意している場合もあります。

再びネズミが入ってきた場合は、無償で駆除と侵入経路の閉鎖をしてくれるサービスを行っている業者も多いようです。

注意しておきたいのは、クマネズミは、登攀力に優れているので、高いところでもいとも簡単に登っていってしまいます。

尚、「都民の為のねずみ防除読本」によると、クマネズミは以下のような場所から侵入するそうです。

  • 建物の基礎の隙間
  • 扉の隙間
  • 配管の壁貫通部の隙間
  • 屋根のひさしの下の隙間
  • 壁のひび割れ
  • 屋根の下の通気口
  • 網戸の戸袋の隙間
  • 電線や電話線導入部と壁の間の隙間

ちまり、どこからでも侵入されることがわかります。

クマネズミ一匹が通れるくらいの足場さえあれば、いとも簡単に侵入出来るので、どんな家でもネズミの被害の危険にさらされていると言えるのかもしれません。

関連ページ

メニュー