害獣となっているネズミの種類

クマネズミは高いところを好む

害獣となるネズミには、クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミの3種類があります。

東京都福祉保健局によると、被害相談で圧倒的に多いのはクマネズミとなっています。

クマネズミの体長は15cmから20cm程度で耳が大きく、尻尾が体全体よりも長いという特徴があります。身軽で運動能力が高く、電線を伝うことができたり、足場となるような壁であれば垂直に登っていくことも出来るようです。

乾燥した高い場所を好む傾向があるため、天井裏やビル内部の高いところに生息することが多いそうです。警戒心が非常に強いので中々捕まりにくいと言われます。

ドブネズミは、クマネズミよりも一回り大きく22cmから26cm程度あります。尻尾の長さは体全体よりも短く、クマネズミと同じように耳は大きいようです。

生体として地面に穴を掘ることができたり、泳ぎが得意な事から、下水管や下水溝、ビルの低層階、公園の地面などを住処としているそうです。

警戒心もあまりなく殺鼠剤も良く効くことから駆除しやすいようです。

同様にハツカネズミは、体調が6cmから9cm程度と小柄で畑に生息しているので農作物の被害は気になるところですが、家屋に関しては特に気にすることはなさそうです。

関連ページ

メニュー