超音波ネズミ駆除

ネズミの繁殖力を侮ってはいけない…

ねずみ算式という言葉がありますが、急激に増えるネズミの実態をまさに表しています。

雄(オス)と雌(メス)のつがいから子供が増えていくと一年後には?
繁殖能力を考慮して、計算してみました。

調べてみると、家屋での被害の原因の大半であるクマネズミは、平均寿命が3年で一生涯で60~80匹産み、1年で5~6回の繁殖を行い、一度に6~7匹程度生むそうです。

  • クマネズミは3年生きる
  • その間に60匹以上の子供を産む
  • 年間の繁殖回数は5~6回

クマネズミは、生まれてから3ヶ月で繁殖出来るようになるので、4ヶ月経過した段階で新しく親になると仮定。更に、オスとメスが同じ数だけ生まれると仮定し、毎回、”トータルのメス親の数×6”で子供が増える計算です。

■1年後の最大想定数

繁殖回数親の数新しく親になった数子の数
1回目(2ヶ月目)2匹(♀×1)0匹6匹(1回目)
2回目(4ヶ月目)2匹(♀×1)0匹6匹(1回目)+6匹(今回)
3回目(6ヶ月目)2匹(♀×1)6匹(1回目・♀×3)6匹(2回目)+24匹(今回)
4回目(8ヶ月目)8匹(♀×4)6匹(2回目・♀×3)24匹(3回目)+42匹(今回)
5回目(10ヶ月目)14匹(♀×7)24匹(3回目・♀×12)42匹(4回目)+114匹(今回)
6回目(12ヶ月目)38匹(♀×19)42匹(4回目・♀21)114匹(5回目)+240匹(今回)

最終的には、親の数が合計『80匹』、子の数が合計『354匹』

これは、3年後ではなく1年後の事です。
たった二匹のつがいから400匹以上。

ちょっとした驚異です。

もちろん、色々な要因で数が減ると思います。
しかし、繁殖力という事にのみ注目すると、とんでもない数に膨れあがる状況を理解いただけるのではないでしょうか。

毎回のように、粘着シートで捕獲なんて手間以外の何者でもありません・・・。
実際、粘着シートメインでの捕獲は費用も嵩み、中には、結果的に10万円以上費やすケースもあるようです。手間もあり、コストもかかる、非効率な方法と言わざるを得ません。

もっと効率よく追い出すにはどうしたら…
それなら超音波によるネズミ駆除(防除)方法が最適です。

仕組みは、超音波でネズミにストレスを与える事で追い出すというものです。
警戒心が強く静かな場所を好むクマネズミにとって、超音波は、人間にとっての騒音と同じような効果がもたらされます。今度は、こちら側がネズミに安眠妨害を仕掛ける番です。

全額返金保証付きなのでリスクゼロ

色々な種類の超音波発生器が有りますが、それらのレビューを見てみると・・・。
中には、「超音波、最初は効果が有ったけど、1ヶ月以上したらまたネズミが入ってきた」なんていう情報を見かけた事もあると思います。

こういうのを見てしまうとためらいも生じるものです。
でも、実際にこういう事は、想定される事です。

  • 仕掛ける場所が悪かった
  • たまたま、他の理由で入ってきた

超音波発生器は、どこに仕掛けても良いというわけではありません。
クマネズミの寝床となる場所に仕掛ける事で効果を発揮します。
安眠妨害が主な役割なので、えさ場や活動場所に仕掛けても効果は薄いのは否めません。

また、近くで古い家やマンションなどを取り壊すと、一斉にネズミが移動を開始します。
そんな悪いタイミングに遭遇してしまうのも良くある事です。

ですが、それらを踏まえても実質無料で試す事ができたら?
実際に使用して、効果を感じなかったら使用後でも返品可能な超音波発生器。
それなら、使用前から気に病むこともありません。

それが可能なのが「効果が無ければ全額保証付き」のもの。
超音波発生器「ねずみの引っ越しDX」

過去にペストコントロという超音波発生器の日本正規代理を行っていた事もあり、この手の商品を長く販売している実績があると聞きます。

それで、超音波発生器でのネズミ駆除などにも詳しいので、何かわからないことがあっても対応して貰える。

それでいて、効果が無ければ返金保証付き。
効果の有無や費用を天秤にかける事もなく、すぐに開始できるのではないでしょうか。

日本ペストコントロール協会所属でも信用ならない?

日本ペストコントロール協会という組織があります。
ここには、害獣駆除を専門としている業者が登録しているそうですが、こういう所に登録しているからといって油断出来ません。

悪徳まがいな業者も条件さえ満たせば登録出来ているそうなので、ここなら安心と思って利用する事ができないようです。

中には、超音波発生器を取り扱っている業者も居るらしく、そこだと6ヶ月リースで5万円。
機器の買い取りだと、1台20万円以上するそうです。

ねずみの引っ越しDXは、1万円以下で購入できます。
費用が20分の1なだけでなく、特許取得の超音波技術。
果たして、リースの装置が最新の技術なのかも疑問が残ります。

駆除業者に頼むのも同じようなもの。
業者に頼んでうん万円払う手間を自分で『ねずみの引っ越しDX』を購入して仕掛けるだけで1万円以内で済ませることが出来ると考えると、どちらがお得かは一目瞭然です。

特に殺鼠剤(化学薬品や毒えさ)を使用するところは気をつけましょう。

そもそも毒えさの類いは、家屋の被害の中心であるクマネズミを処理する為ではなく、ドブネズミの駆除に作られたのが発端です。
なので、クマネズミには、あまり効果が期待できないだけでなく、強すぎるものは人体への危険性があります。

しかも、耐性の強いスーパーラットに使うと、その毒に抵抗力の有る子供が生まれる。更に抵抗力が強化されて、それこそいたちごっこです。

殺鼠剤は、効果が有ってもネズミの死骸を全てきっちり回収してくれるとも限りません。
この辺の保証がしっかりしていない所にお願いしてしまうと、天井裏のネズミの死骸からウジが沸いてハエが異常発生したり、悪臭の元となってしまう事もあるようです。

超音波なら、ネズミを殺さず追い出すだけなので死骸による2次被害の心配も有りません。

都会ほど被害が多い

ネズミの被害は、えさ場の多い都会の方に集中しています。

東京都内でのネズミ被害は、平成13年のピーク時で一年間で19,538件も有ったそうです。平成22年には、7,214件と大分数が減っているようですが、この辺が下げ止まり。

高層マンションや機密性の高いハイクラス物件が増えたことでネズミの住みやすい家が減っているのかもしれませんが、油断大敵です。
理由は、クマネズミの侵入経路にあります。

普通に考えてクマネズミは、地面から壁を伝って家の中へと侵入してくると思われがち。
しかし、実際は、登攀力(とはんりょく)に優れ運動能力の高さを活かして電柱を伝って侵入するのも容易にやってのけます。

2階の通気口やエアコンの配線の隙間など、無防備なところからいとも簡単に侵入される事に注意してくてはなりません。

そんなネズミを放置していると様々な感染症を持ってきたり、ダニやノミが移ってしまうなんて事にもなりかねません。また、ビルの立て替えや老朽化による解体など、大規模な工事が行われると一斉にネズミが移動を開始し、周囲の民家へと引っ越してきます。

子供が居る場合は十分に検討を

超音波発生装置の使用で一つ注意が必要なのが人間の子供への影響。

人によりますが、大人には聞こえない周波数の超音波が聞こえる子供も居るらしく、その音が苦になってしまう事があるようです。

これは、モスキート音と同じ原理です。

その為にも設置場所から遠ざけたり、子供が外出しているタイミングで使用するなど工夫が必要となる事もあります。いずれにしても、ネズミが休むのは、夜ではなく昼なので、日中の誰も居ない時間帯に仕掛ければ、問題は回避できます。

効果の目安は近隣の情報

超音波→休めない→ストレス→弱る→出て行く

瞬間的に居なくなるのではなく、およそ1週間程度で気配がしなくなるそうです。
周囲で建物の取り壊しなど有ると、別のネズミが入ってくる事も有るようですが、その場合も同じように1週間程度で気配がなくなる事が多いようです。

居なくなったサインは、近所の情報も有力です。
ちょっと悪い気がしますが、隣近所でネズミが出たなんていう話題が出たら、それが、元々居たネズミだったりするのかもしれません。

いずれにしても、招かれざる客を追い出す事、防除する事。
この二つが両方できるのは、超音波発生によるネズミ駆除方法だけではないでしょうか。